イード 第3回MaaSベンチャーセミナー、DMM.com など3社が登場 10月30日開催

登壇予定の講師3名
登壇予定の講師3名全 1 枚写真をすべて見る

イードは、MaaS(Mobility as a Service)のベンチャー企業を広く紹介する「MaaSベンチャーセミナー」の第3弾を10月30日、同社セミナールームで開催する。

モビリティ革命におけるイードのベンチャー支援プログラム「iid 5G Mobility」は、昨秋より11回の関連セミナーイベントを行い、のべ41名の講師を招いてモビリティの最新トレンドを発信。また、自動車総合メディア『レスポンス』の特集と連動して30人以上のインタビュー記事を掲載してきた。

イードでは、約1年が経過した今年8月からの新たな取組みとして、モビリティ産業が製造販売からサービスにシフトしてゆく変化を先取りし、モビリティ関連スマートサービス企業を特集した「月刊MaaSベンチャー」を新たにスタートした。

第3回のMaaSベンチャーセミナーでは、車で移動予定のドライバーと移動したい人をマッチングさせるライドシェアアプリを提供する「ZERO TO ONE」、クルマ買い取りアプリで自動車流通業界へ新規参入した「DMM.com」、日本初のシェアパーキングサービスを運営する「軒先」、以上3社から3名の事業責任者及び経営者が登壇し、サービスの立上げから現況、また今後について裏話も交えて語る。

参加費は3万2400円、10月26日までイードWebサイトより申し込みを受け付ける。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MONET
  • レンタルに特化したオリジナル開発キャンピングカー「ロビンソン771」
  • ジゴワッツが開発した「バーチャルキー」。スマートフォン上でスマートキーとして使えるようになる
  • バーチャルキー概要
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/16/315105.html/article/2018/10/16/315104.html/article/2018/10/16/315106.html