プジョー、新たな電動スポーツモデルシリーズを開発…2020年から発売へ

プジョー eレジェンド・コンセプト(パリモーターショー2018)
プジョー eレジェンド・コンセプト(パリモーターショー2018)全 3 枚写真をすべて見る

プジョー(Peugeot)は10月18日、新たな電動スポーツモデルシリーズの開発計画を発表した。この新シリーズを2020年から発売する予定、としている。

プジョーはフランスで開催されたパリモーターショー2018において、新開発のプラグインハイブリッド(PHV)パワートレインを発表。この新開発PHVパワートレインを『3008』、新型『508』、新型『508SW』の3車種に搭載し、欧州で2019年秋に発売する。

プジョーはこの3車種のPHVに続いて、新たな電動スポーツモデルシリーズを開発し、2020年から発売すると発表。これにより、プジョーはブランドの電動化戦略を加速させる方針。

新たな電動スポーツモデルシリーズは、プジョーのモータースポーツ部門、「プジョー スポール」と共同開発。プジョーは2018年シーズンをもって、世界ラリークロス選手権へのワークス参戦を終了し、電動モデルの開発に経営資源を集中していく。

なおプジョーは、パリモーターショー2018において、自動運転のEVクーペ、『eレジェンド・コンセプト』を初公開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー 508 新型(GT BlueHDi)
  • プジョー 208 ファンエディション
  • プジョー 5008アリュール(左)と3008 GTライン(右)
  • プジョー308
  • 直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/19/315227.html/article/2018/10/19/315226.html/article/2018/10/19/315228.html