ホンダ シビックタイプR にアートカー、日本の「マンガ」がテーマ…パリモーターショー2018

ホンダ・シビックタイプRのアートカー
ホンダ・シビックタイプRのアートカー全 6 枚写真をすべて見る

ホンダはパリモーターショー2018おいて、新型『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)のアートカーをワールドプレミアした。

このアートカーはホンダのフランス部門が、ヒューマンアカデミーヨーロッパと提携して製作したもの。ヒューマンアカデミーヨーロッパの学生が、日本のマンガをテーマに、新型シビックタイプRのアートカーをデザイン。Facabookの投票で選ばれた最優秀作品が、新型シビック タイプRの実車のアートカーとして、パリモーターショー2018でワールドプレミアを飾っている。

新型シビックタイプRのアートカーは、ホワイトのボディカラーを基本に、ボディの側面に日の丸入りの扇子を持った和服の女性、ピンクの花びら、神社の鳥居などが描かれた。ボンネットには、荒波と富士山の組み合わせ。

新型シビックタイプRには、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力320ps、最大トルク40.8kgmを引き出し、0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を備えている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラ・ハッチバック(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター・コンセプト(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター(パリモーターショー2018)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/21/315275.html/article/2018/10/21/315274.html/article/2018/10/21/315276.html