2019年販売終了の VW ザ・ビートル、完成度を高めた特別仕様「マイスター」を発売

VW ザ ビートル マイスター(トルネードレッド)
VW ザ ビートル マイスター(トルネードレッド)全 11 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ザ・ビートル』(Volkswagen The Beetle)の2019年国内販売終了に伴う「See You The Beetle キャンペーン」第4弾として、特別仕様車「マイスター」シリーズ(3グレード)を設定し、10月23日より発売する。

VGJでは、日本でのザ ビートル販売終了に伴い、ビートルファンに対する感謝を込めた「See You The Beetle キャンペーン」を実施している。第1弾ではフェンダーサウンドを搭載した限定モデル「ザ・ビートル・サウンド」を300台限定で発売。第2弾では、ザ ビートル購入時に利用できるオプションサポートクーポンをプレゼントする「ザ・ビートル・オプションサポートWeb チャンス」を実施。第3弾では、内外装の質感を向上させた限定車「ザ・ビートル・エクスクルーシブ」を発売した。

キャンペーン第4弾として発売するザ ビートル マイスターシリーズは、ドイツ語で「職人・名人」を意味する「Meister」の名が示す通り、入念に作り込まれた完成度の高い特別仕様車だ。パドルシフト付マルチファンクションステアリングホイールや2ゾーンフルオートエアコンを標準装備とし、ドライブでの快適性を向上させるとともに専用デザインの17インチアルミホイールを装備。さらに、バイキセノンヘッドライトと純正ナビゲーションシステム「716SDCW」、過去に限定車のみに採用したリヤエンブレム内蔵型リヤビューカメラを全車標準装備する。

また、上級モデルの「ザ ビートル R-ライン マイスター」「ザ ビートル 2.0 R-ライン マイスター」はレザーシートを標準装備。カラーはブラックかブラック&レッドから選択できる。最上級モデルのザ ビートル 2.0 R-ライン マイスターは、さらに電動パノラマスライディングルーフも標準装備する。

価格はザ ビートル マイスターが303万円、同R-ライン マイスターが348万円、同2.0 R-ライン マイスターが397万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ