日野 プロフィア トラクター、リーフ用ストッパに不具合でリコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

日野自動車は10月25日、大型トラクタ、日野『プロフィア』のリーフ用ストッパに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2011年1月28日から2018年1月19日に製造された415台。

リーフ・エア併用式サスペンションにおいて、リーフ用ストッパの材質が不適切なため、段差乗り越え時等でリーフとストッパが接触した際にストッパで十分荷重を吸収できず、ストッパ固定用シャフトに過大な荷重が加わることがある。そのため、使用過程で当該シャフトが疲労折損し、ストッパおよびシャフトが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、リーフ用ストッパを対策品に交換する。また、シャフト、ナット、ワッシャを新品に交換する。

不具合は35件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所説明図
  • 改善箇所
  • 日野自動車ブース(東京オートサロン2019)
  • 日野自動車ブースイメージ
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ