英国から電動バイク、触覚センシング技術とHUDヘルメット採用…EICMA 2018で発表へ

Arcの電動バイク、ベクターのティザーイメージ
Arcの電動バイク、ベクターのティザーイメージ全 1 枚写真をすべて見る

英国の新興二輪車メーカー、Arcは10月24日、イタリアで11月に開催される「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、電動バイクの『ベクター』(Vector)をワールドプレミアすると発表した。

Arcは、英国の自動車産業の中心地、コベントリーに本拠を構える新興二輪車メーカー。ベクターは、新世代のカフェレーサーをテーマに掲げて開発され、電動バイクとなるのが特徴。

また、ベクターには最先端の技術として、「ハプティクスライドウェア」と「HUD(ヘッドアップディスプレイ)ヘルメット」が採用される予定。ハプティクスとは、触覚を通じて情報を伝達するテクノロジー。ベクターのヒューマンマシンインタフェース(HMI)は、触覚センシング技術を採用したライダージャケットと、HUDヘルメットで構成され、ライダーに重要な情報を伝達する世界初のヒューマンマシンインタフェースバイクになるという。

なおミラノモーターサイクルショー(EICMA)2018は、プレスデーが11月6~7日の2日間。一般公開は、11月8~11日の4日間となる。同社は、ベクターのティザーイメージを1点、公開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「X Games ミネアポリス2019」にFMXライダー東野貴行、渡辺元樹選手が出場
  • カスタムワークスゾン制作「RODE ZON」(HERITAGE モーターサイクルウエア&ギアの世界)
  • 会見の後半では記者との懇談会が行われ活発に質疑応答が交わされた
  • ヤマハ NMAX155
  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/26/315479.html/article/2018/10/26/315478.html/article/2018/10/26/315480.html