スバル レヴォーグ、次期型登場は2019年か…ボディ拡大でダウンサイジングターボ搭載へ

スバル レヴォーグ 次期型の開発車両(スクープ写真)
スバル レヴォーグ 次期型の開発車両(スクープ写真)全 11 枚写真をすべて見る

スバルのステーションワゴン、『レヴォーグ』次期型プロトタイプをスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。発売から4年が経過し、いよいよ初のフルモデルチェンジが視野に入ってきている。

レヴォーグは、『レガシィツーリングワゴン』に代わり、2014年にデビュー。レガシィツーリングワゴンより全長・ホイールベースを100mm短縮し、日本の道路事情に適応したコンパクトボディながら、高い居住空間を実現。今や数少なくなった「ちょうどいいステーションワゴン」を求める層に受け、今も月販1000台超をキープしている。

捉えたプロトタイプは、現行モデルをベースにしている、かなりいびつなテストミュール(仮ボディでのテスト車両)だ。現行レヴォーグの車体に、『XV』のフロントマスクが取り付けられているように見える。さらに、ボンネットにはエアインテークがついている。
スバル レヴォーグ 次期型の開発車両(スクープ写真)スバル レヴォーグ 次期型の開発車両(スクープ写真)写真をすべて見る
リアまわりが特に異質だ。リアクォーターウインドウと後席ドアのウインドウはラインがちぐはぐ。テールゲートやテールレンズは大きく隙間が空いてずれている。この「ずれ」が意味するものとは何か。おそらくボディサイズとラゲッジスペースのさらなる拡大が見込まれるということだろう。

プラットフォームは、XVや『インプレッサ』に採用されている「SGP」(スバル・グローバル・プラットフォーム)となる。現行レヴォーグは全長4690mm、全幅1780mm、全高1490mm、ホイールベース2650mmだが、次期型では全長4730mm、全幅1800mm、全高1480mm、ホイールベース2700mm程度に拡大されるはずだ。
スバルVIZIVツアラーコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)スバルVIZIVツアラーコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)写真をすべて見る
エクステリアデザインのベースとなるのは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開された『ヴィジヴ・ツアラーコンセント』だ。スバルの方向性を見せた「近未来ツアラー」として注目を集めたが、この鋭いヘッドライトにグラマラスなボデイシルエットが、レヴォーグ次期型にも採用されそうだ。

スバルは2016年に発表した中期計画で、新開発ダウンサイジングターボを2019年に投入することを発表しており、このレヴォーグ次期型に初めて設定されると予想。現行モデルに搭載されている水平対向4気筒2リットル直噴ターボエンジンに代わり、水平対向4気筒1.8リットルのダウンサイジング直噴ターボエンジンがラインアップされる。最高出力は現行モデルと同レベルが予想されるが、「SGP」プラットフォームにより、ハンドリング・パフォーマンスなど大幅な向上がなされるはずだ。またハイテク装備では、次世代「アイサイト」の搭載も期待できそうだ。

ワールドプレミアは、2019年の東京モーターショーが予想される。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

【画像】スバル レヴォーグ、次期型登場は2019年か…ボディ拡大でダウンサイジングターボ搭載へ(11枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  2. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  3. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  4. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  5. スズキ ジムニー&ジムニーシエラ 一部仕様変更…オートライトシステム標準化など
  6. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  7. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  8. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  9. 【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎
  10. ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定
ランキングをもっと見る