マツダの世界生産が2年ぶりのマイナス、1.4%減の75万6848台 2018年度上半期

マツダCX-8
マツダCX-8全 2 枚写真をすべて見る

マツダは10月29日、2018年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は、前年同期比1.4%減の75万6848台で、2年ぶりのマイナスとなった。

国内生産は『CX-3』や『アクセラ』の減少などが影響し、同1.4%減の46万1445台で3年連続のマイナス。海外生産も『CX-4』などが減少し、同1.5%減の29万5403台で2年ぶりのマイナスとなった。

国内販売は、『CX-8』の投入などで、同6.7%増の10万2731台で2年連続のプラス。登録車のシェアは0.4ポイントアップし、5.2%となった。

輸出は北米、欧州、オセアニアなどで減少し、同4.9%減の37万6990台。3年ぶりのマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ユーノス・ロードスター(初代 マツダ ロードスター)V-SPECIALとJ-LIMITED
  • マツダ R360 クーペ
  • マツダの「SKYACTIV-G 2.5T」
  • マツダ CX-30 の「2.5ターボ」(米国仕様)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ