OKI、ADAS対応車載機器向けEMC受託試験サービスを拡大 電波暗室を増設

ステレオカメラの電磁環境耐性試験の様子
ステレオカメラの電磁環境耐性試験の様子全 1 枚写真をすべて見る

OKIエンジニアリング(OEG)は、埼玉県本庄市のカーエレクトロニクステストラボ内に「第五車載電波暗室」を新設し、11月1日より稼働開始すると発表した。

車載機器市場では、DAS(先進運転支援システム)、V2X(車車間/路車間通信)、EV(電気自動車)化により、車載電子機器の高度化・多機能化・ネットワーク化が加速。自動車開発現場では、厳しい電磁環境下でも車載電子機器が故障や誤動作を起こさないために、電磁環境下における影響に対する事前確認の必要性が高まっており、最新技術に対応した試験設備、高度なスキルをもった専門会社の受託サービスに対する需要が高まっている。

OEGでは、1999年より電波暗室を建設し、電子機器・装置のEMC試験サービスを開始。2012年には車載電子機器・装置に特化した第一、第二車載電波暗室を設置、2017年には第三、第四車載電波暗室とリバブレーションチャンバーを増設して急増する需要に応えてきた。今回、第五車載電波暗室を新設したことで、EMC試験が可能な暗室は13室。次世代自動車開発に向けて急増するEMC試験需要に対応し、円滑に試験サービスを提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 八戸港に発着するシルバーフェリー
  • ECUの硫黄ガス腐食試験
  • ETC2.0特定プローブ情報配信サービスのデータフロー
  • 映像モニタリングシステム「フライングビュー」フィールド実験の模様
  • ポルシェ 718ケイマンGT4 新型スクープ写真
  • BMW M2 CS プロトタイプ(スクープ写真)
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アウディの新型クーペSUV「Q4」スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/31/315603.html/article/2018/10/31/315602.html/article/2018/10/31/315604.html