OKI、ADAS対応車載機器向けEMC受託試験サービスを拡大 電波暗室を増設

ステレオカメラの電磁環境耐性試験の様子
ステレオカメラの電磁環境耐性試験の様子全 1 枚写真をすべて見る

OKIエンジニアリング(OEG)は、埼玉県本庄市のカーエレクトロニクステストラボ内に「第五車載電波暗室」を新設し、11月1日より稼働開始すると発表した。

車載機器市場では、DAS(先進運転支援システム)、V2X(車車間/路車間通信)、EV(電気自動車)化により、車載電子機器の高度化・多機能化・ネットワーク化が加速。自動車開発現場では、厳しい電磁環境下でも車載電子機器が故障や誤動作を起こさないために、電磁環境下における影響に対する事前確認の必要性が高まっており、最新技術に対応した試験設備、高度なスキルをもった専門会社の受託サービスに対する需要が高まっている。

OEGでは、1999年より電波暗室を建設し、電子機器・装置のEMC試験サービスを開始。2012年には車載電子機器・装置に特化した第一、第二車載電波暗室を設置、2017年には第三、第四車載電波暗室とリバブレーションチャンバーを増設して急増する需要に応えてきた。今回、第五車載電波暗室を新設したことで、EMC試験が可能な暗室は13室。次世代自動車開発に向けて急増するEMC試験需要に対応し、円滑に試験サービスを提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  2. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  3. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  4. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表[動画]
  5. 「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021
  6. 【日産 キャラバン 新型試乗】ガソリン車が変わった!商用バンと思えぬ静粛性に驚く…諸星陽一
  7. 岐阜県の貨物鉄道・西濃鉄道に改善指示…杜撰な保安取扱いや検査などが判明
  8. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
  9. 問題続きのトヨタ系販売店---不正車検で行政処分、パワハラ自殺に労災認定[新聞ウォッチ]
  10. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
ランキングをもっと見る