極東開発、新型アルミタンクトレーラ発売へ 国内規制最大容量30klを実現

30kL アルミタンクトレーラ
30kL アルミタンクトレーラ全 4 枚写真をすべて見る

極東開発工業は、国内規制最大のタンク容積30klを実現した新型「30kLアルミタンクトレーラ」を開発し、11月5日より発売する。

新機種は大容量長距離輸送のニーズに対応した30kl積タンクを搭載し、ワイドシングルタイヤ仕様(KL30-471SS)ではアルミタンクトレーラで国内トップクラスとなる最大積載量2万4500kgを確保。積載物の組み合わせ(混載)のバリエーションが増え、さらに効率的な輸送が可能になった。

また、角形断面タンクの採用することで、低全高・低重心としたほか、タンク内の空室をなくすことで現行型と比較して連結全長を約460mm短縮。さらにディスクブレーキの採用により、安全性も高めている。

価格(税別)はダブルタイヤ仕様が2520万円、ワイドシングルタイヤ仕様が2555万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パワーゲート V型プレスゲート(V600)、プラットホームサイズW1570×H870
  • ゴミ収集車安全支援システム「KIES」
  • 自動吸水式 新型「スーパー散水車」
  • 極東開発 新型「土砂ダンプトレーラ (リンク式 ・ GVW36t)」
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV