【JIMTOF 2018】国際工作機械見本市、今日開幕…来場者数15万人を超えるか

日本国際工作機械見本市(2016年の模様)
日本国際工作機械見本市(2016年の模様)全 2 枚写真をすべて見る

工作機械と関連機器の総合展示会「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF)」が11月1日から6日までの6日間、東京ビッグサイトで開催される。主催は日本工作機械工業会と東京ビッグサイト。

JIMTOFは、工作機械やその関連機器の内外商取引の促進と、国際間の技術交流を目的として、1962年より開催。欧州工作機械見本市(EMO)、米国国際工作機械見本市(IMTS)と並ぶ世界3大国際工作機械展の1つとして注目を集めている。

ブースでは、工作機械をはじめ、鍛圧機械、特殊鋼工具、超硬工具、ダイヤモンド工具、研削砥石、歯車・歯車装置、油圧・空圧・水圧機器、精密測定機器、光学測定機器など、最新鋭の機械が多数展示されるほか、切断加工会社によるオートバイの切断ライブなども行われる。

今回のJIMTOF 2018 では、合計出展者数(直接出展、共同出展、内部出展を含む)が1085社と、2016年に開催した前回と比較して116社増えており、過去最多の出展者数・小間数となった。出展者数の増加に伴い、来場者数も15万人を超えることが期待されている。

入場料は当日3000円、学生は無料となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 昨年開催されたリスニングキャンプ9の様子
  • 鈴鹿サーキット体験走行会
  • 記念撮影
  • 千葉工業大学惑星探査研究センター講演会
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 
  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/01/315648.html/article/2018/10/31/315647.html/article/2018/11/01/315649.html