ジープ、26年ぶりにピックアップトラック復活へ…ロサンゼルスモーターショー2018で発表予定

ジープ・グラディエーター(2005年)
ジープ・グラディエーター(2005年)全 2 枚写真をすべて見る

ロサンゼルスモーターショー(Los Angeles Auto Show)の主催団体は10月30日、11月26日に開幕する同ショーにおいて、FCA(フィアット・クライスラー・オートモーティブ)傘下のジープブランドが、新型ピックアップトラックを初公開すると発表した。

ジープブランドが市販ピックアップトラックを発表するのは、1992年以来、26年ぶりの出来事となる。コンセプトカーとしては2005年1月、デトロイトモーターショー2005で、『グラディエーター』を出品した過去はある。FCAはラムブランドで市販ピックアップトラックを展開しており、そのノウハウをジープブランドにも導入する。

ジープブランドの新型ピックアップトラックは、日本市場にも投入されたばかりの新型『ラングラー』の4ドアモデル、「アンリミテッド」がベースのダブルキャブ仕様となるもよう。ラングラーならではの高いオフロード性能が受け継がれると見られる。

なお、ジープの新型ピックアップトラックの車名は、『スクランブラー』(Scrambler)が有力だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・レネゲード 4Xe と コンパス 4xe
  • ジープ レネゲード
  • ジープ・ラングラー・ブラック&タン
  • ジープ・レネゲード のPHV「4xe」の実証テスト車両
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ