【G空間EXPO 2018】準天頂衛星「みちびき」がテーマ 11月15-17日に開催

G空間EXPO2018のチラシ
G空間EXPO2018のチラシ全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は11月15日から11月17日の間、日本科学未来館(東京都江東区青海)で「G空間EXPO2018」を開催する。

G空間情報(地理空間情報)は、地図・衛星測位から得られる「いつ・どこ」といった時間・位置情報で、スマートフォンによるナビゲーションや位置情報に連動したゲームなどに広く活用されている。

今回8回目の開催となる「G空間EXPO2018」では、日本の衛星測位システムを構成する準天頂衛星「みちびき」が2018年から本格的に運用され始めたことから、年次テーマ「みちびきがG空間社会へ導いてくれるよ」に沿った展示・講演を実施する。

G空間EXPOには、関連業界に加え、地理に興味のある一般からも多数が来場しており、2017年度は約2万人が来場した。無人型航空機(UAV)フライトシミュレータなど、G空間社会を体験できる企画も、例年人気となっている。

入場は無料。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新宿駅周辺の屋内電子地図を提供
  • (イメージ)
  • 在宅生活支援環境整備事業(自動車事故対策費補助金)の概要
  • 地域交通のグリーン化に向けた次世代自動車普及促進事業の概要
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV