JBL ハーマン、TRDラリーカップとパートナーシップ

ハーマンが提供するプレシーズンマッチRd2 南房総ラリー 優勝賞品
ハーマンが提供するプレシーズンマッチRd2 南房総ラリー 優勝賞品全 3 枚写真をすべて見る

ハーマンインターナショナルは、オーディオブランド「JBL」がトヨタカスタマイジング&ディベロップメントの実施する中級者向け地方ラリーシリーズ「TRDラリーカップ」とパートナーシップを締結したと発表した。

今回の提携でシリーズ名称を「TRDラリーカップ by JBL」に変更し、「JBL」が2019シリーズのタイトルスポンサーとなる。2018年11月開催のプレシーズンマッチRd2南房総ラリーでは、各クラス優勝者とU-25アワード(25歳以下特別賞)にJBL商品を贈呈、地域のラリーイベントの活性化を図る。

JBLは、TRDブランドとのコラボレーション商品としてトヨタ「シエンタ」用TRDスピーカーセットやオリジナルデザインの汎用ポータブルスピーカーなどを展開する。

「TRDラリーカップ」は、トヨタ『ヴィッツ』(NCP131/91)を対象とした「CUP1」と、トヨタ『86』/スバル『BRZ』を対象としたクラス「CUP2」で構成、改造範囲に独自の制限を設けた車両規則で車両コスト低減と選手の参加しやすさを図っているラリーシリーズ。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハーマンの「ボイス・センシング・ボリューム・フェード」(CES 2020)
  • JBL BASSPRO Hub(左)とJBL STAGE A9004
  • ハーマンインターナショナルの公式サイト
  • JBLスマートベース
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ