ハスクバーナ スヴァルトピレン701、75馬力の単気筒エンジン搭載…EICMA 2018 | レスポンス(Response.jp)

ハスクバーナ スヴァルトピレン701、75馬力の単気筒エンジン搭載…EICMA 2018

ハスクバーナ・スヴァルトピレン701
ハスクバーナ・スヴァルトピレン701全 13 枚写真をすべて見る

ハスクバーナ(Husqvarna)は「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『スヴァルトピレン701』をワールドプレミアした。

スヴァルトピレン701は、2019年第1四半期(1~3月)に発売予定の新型バイクだ。デザインは、ハスクバーナのオリジナル精神を取り入れつつ、現代のライダーの想像力を掻き立てるものを目指したという。フラットトラックからインスピレーションを得たデザインが特徴で、プログレッシブさを表現した。ボディには、高剛性なクロムモリブデン鋼を使用する。

SVARTPILEN 701には、軽量設計の排気量692.7ccの水冷単気筒4ストロークエンジンを搭載する。最大出力は75hp、最大トルクは7.3kgmを引き出す。ライドバイワイヤスロットルを採用し、トランスミッションは6速とした。

ブレーキはブレンボ製で、ボッシュの最新ABSシステムを組み合わせて、優れた制動力を追求する。調整可能なWP製サスペンションを採用している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ