ホンダ CBR250RR カラーリング変更、11月22日より順次発売 78万8400円より

ホンダ CBR250RR<ABS> グランプリレッド(ストライプ)
ホンダ CBR250RR<ABS> グランプリレッド(ストライプ)全 5 枚写真をすべて見る

ホンダは、軽二輪スーパースポーツモデル『CBR250RR』のカラーリングを変更し、11月22日より順次発売する。

CBR250RRは、低中回転域での力強さと高回転域までシャープに吹けあがる出力特性を高次元で両立させた水冷直列2気筒250ccエンジンを搭載。スロットルグリップの開度を電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」や3種類のライディングモードを搭載し、卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現したスーパースポーツモデルとして、若年層を中心とした幅広い層の支持を得ている。

今回、CBR250RRの先鋭的なスタイリングをより際立たせるカラーリングとして、新色のグランプリレッドに加え、現行色のマットガンパウダーブラックメタリックのストライプデザインとパールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。また、鮮やかなレッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を新たに採用し、全4色のカラーバリエーションとした。

価格はCBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)が78万8400円、CBR250RR<ABS>(グランプリレッド・ストライプ)が83万9160円、同グランプリレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトが80万6760円。なおグランプリレッド・ストライプは12月14日の発売となる。

ホンダ CBR250RR<ABS> マットガンパウダーブラックメタリックホンダ CBR250RR<ABS> マットガンパウダーブラックメタリック

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  3. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  6. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
  7. 9月17-18日は要注意…台風14号接近で山陽新幹線などが運休の可能性
  8. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  9. 日産 GT-R T-spec、北米市場にも導入へ 今冬から
  10. トヨタ社員の自殺労災認定、上司のパワハラでうつ病…名古屋高裁逆転判決[新聞ウォッチ]
ランキングをもっと見る