ハッキネン登場予定、直筆サイン入りポストカードをファンに手渡し 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに来場するミカ・ハッキネン氏
鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに来場するミカ・ハッキネン氏全 2 枚写真をすべて見る

鈴鹿サーキットは、11月17~18日にヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」を開催。ミカ・ハッキネン氏が「ファンセッション」と「トークショー&サイン会」に登場する。

ファンセッションは、映像コンテンツアプリ「iNZDR」の有料会員(月額200円)かつ、SUZUKA Sound of ENGINE 2018のチケットを持っている人を対象に実施。ハッキネン氏本人が手渡しで直筆サイン入りポストカードをプレゼントする(各日先着500名)。iNZDRはハッキネン氏が参画するソーシャルアプリ。ハッキネン氏のほか、バルテリ・ボッタス氏、シャルル・ルクレール氏、ストフェル・バンドーン氏らの画像や映像コンテンツを見ることができる。

トークショー&サイン会は、VIPスイート・プレミアム購入者限定で実施。サイン会への参加は各日50名の抽選となる。なおVIPスイート・プレミアムのチケット価格は2万1000円(1日)。11月11日まで、鈴鹿サーキットオンラインショップで販売中。

また、小学生を対象にした「マスターズ ヒストリック F1 グリッドキッズ」の実施が決定。ホームストレート上に立ってグリッドボードを提示するなど、日本・東アジア初開催となる記念すべきレースのスターティンググリッドで、ヒストリックF1マシンの迫力を体験できる。参加方法は当日申し込みで、各回23名(+同伴保護者1名)の抽選となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スーパー耐久2019年開幕戦スタートシーン
  • ゲスト:ウェイン・レイニー(1988年鈴鹿8耐)
  • ノバ532P
  • ウィリアムズFW12(鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019、Legend of Formula 1出走予定)
  • メルセデスベンツ EQS プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ