ドゥカティ パニガーレV4S に「コルセ」、MotoGPチームカラー仕様…EICMA 2018

ドゥカティ・パニガーレ V4S コルセ
ドゥカティ・パニガーレ V4S コルセ全 8 枚写真をすべて見る

ドゥカティは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『パニガーレV4Sコルセ』(Ducati Panigale V4 S Corse)をワールドプレミアした。

パニガーレV4Sコルセは、『パニガーレV4S』がベースだ。「WDM(ワールド・ドゥカティ・ウィーク)2018」で開催された「レース・オブ・チャンピオン」で優勝を果たしたミケーレ・ピッロ選手が乗っていたスペシャルバージョンと同じカラーリングが施されている。

そのカラーリングは、レッド、グレー、ブルーをあしらったもの。ドゥカティによると、このカラーはドゥカティのMotoGPチームのカラーリングから着想を得たという。

パニガーレV4Sコルセには、排気量1103cのV型4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は214hp/13000rpm、最大トルクは12.6kgm/10000rpmが引き出される。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ