ホンダ CBR1000RR 2019年モデル、電子制御機能を熟成 1月18日発売

ホンダ CBR1000RR グランプリレッド
ホンダ CBR1000RR グランプリレッド全 5 枚写真をすべて見る

ホンダは、大型スーパースポーツモデル『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』の電子制御機能を熟成させるとともに、カラーリングの一部を変更し、2019年1月18日より発売する。

2019年モデルでは、スポーツライディングをサポートする電子制御機能を熟成。コーナリングや加速時の後輪スリップと、加速時のウイリーを抑制する「ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」に、旋回中のタイヤ周長変化の精度を上げた制御を取り入れることで作動をきめ細かくした。さらに、後輪スリップ抑制に対する制御介入量が9段階で任意に選択できることに加え、従来一括制御だった後輪スリップの抑制と、ウイリーの抑制を独立。「ウイリーコントロール」として制御介入量を3段階で任意に選択可能にし、好みに応じたHSTCの設定変更を実現している。

また「スロットルバイワイヤシステム」では、モーターの駆動スピードを上げ、スロットル戻し時の応答性を向上。さらにスロットル操作に対する出力特性を5段階で任意に選択できる「パワーセレクター」にて、全てのギアでピーク出力まで引き出せる「レベル1」の出力特性設定を変更し、よりトルクフルな加速を実現している。スーパースポーツモデル専用ABSでは、スポーツライディング時における高速度領域でのブレーキコントロール性をより考慮した制御設定に変更している。

カラーリングはストライプデザインを一部変更し、スポーティで精悍なイメージを強調。カラーバリエーションは、CBR1000RRに「グランプリレッド」、「マットバリスティックブラックメタリック」の2色、CBR1000RR SPにはトリコロールイメージの「グランプリレッド」1色を設定した。

価格はCBR1000RRのマットバリスティックブラックメタリックが204万6600円、同グランプリレッドが207万9000円、CBR1000RR SPが249万4800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダラーラ DW12
  • メンバー1800名のfacebookコミュニティ「バイク女子部」、知ってますか?
  • 趣味のひとつとして、ビンテージオフのレースにも参戦している藤村さん。最近はボクシングも始め、その魅力を伝えたいと女性ボクサーをテーマにしたウェブサイト「GIRL'S FIST」を展開している。興味のあることにはとことんのめり込む。
  • 人気画家フランセス・スィーヒ氏のライブペインティング
  • BMW F850GSアドベンチャー
  • バイクやクルマをエレガントに楽しむ、大人のための「モーターファション」を提案するモトーリモーダ(東京都中央区銀座8-16-6-1F)
  • GG Retorofitz社が販売するキットを装着したヤマハ YZF-R25
  • イメージ (AC)

ピックアップ