ボルボの自動運転大型トラックが石灰石を運ぶ…片道5km、途中にトンネルも

石灰石を運ぶボルボの自動運転大型トラック
石灰石を運ぶボルボの自動運転大型トラック全 7 枚写真をすべて見る

ボルボグループ(Volvo Group)は11月21日、自動運転の大型トラックを使った石灰石輸送を開始した、と発表した。

ボルボグループは、ノルウェーで採石事業を手がけるBronnoyKalk社と契約を結んだ。ボルボの大型トラック『FH』をベースにした自動運転トラックが、採石場から港まで、石灰石の輸送を行っている。

自動運転トラックが走行する距離は、片道およそ5km。ルートの途中には、トンネルも含まれる。ボルボは6台の自動運転トラックを配備して、石灰石のピストン輸送を行う。

なお両社の契約では、BronnoyKalk社が自動運転トラックを購入するのではなく、自動運転トラックの輸送サービスの対価をボルボグループに支払う。石灰石1トン当たりの輸送料金を支払う契約とした。ボルボグループは2018年末まで、試験運用を行い、2019年末までに正式稼働させる予定、としている。

石灰石を運ぶボルボの自動運転大型トラック石灰石を運ぶボルボの自動運転大型トラック

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ