GACがプラグインハイブリッドSUVを発表、燃費55.5km/リットル…広州モーターショー2018[訂正]

広汽ホンダ 世鋭(広州モーターショー2018)
広汽ホンダ 世鋭(広州モーターショー2018)全 5 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)と広州汽車の中国合弁、広汽ホンダは、広州モーターショー2018において、広州汽車の独自ブランド「GAC」によるプラグインハイブリッド車(PHEV)『世鋭』を発表した。

世鋭は、広州汽車の独自ブランド「GAC」の主力SUV、『GS4 PHEV』のOEMバージョンだ。GACの車両販売チャネル(広汽新能源)を通じて販売される。中国政府は外資規制の緩和の一方で、海外メーカーには2019年1月から、一定量の新エネルギー車(EVやPHEVなど)の現地生産・販売を義務付ける。

PHEVパワートレインは、エンジンがアトキンサイクルの1.5リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力97hp、最大トルク12.2kgmを発生する。モーターは、最大出力177hp、最大トルク30.6kgmを引き出す。バッテリーは蓄電容量12kWhで、EVモードの効果もあり、燃費は55.5km/リットルと優れ、ガソリン満タンで最大600km以上走行できる。

現地ベース価格は、中国政府の新エネルギー車に対する補助金適用後で、17万0800万元(約278万円)からとなる。

【訂正】『世鋭』は「広汽ホンダ初のPHV」としていましたが、正しくはGACのPHEVであり、販売ネットワークについてもGAC(広汽新能源)によるものとなります。訂正し、お詫び申し上げます。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンツァX(広州モーターショー2019)
  • ポルシェ・マカン 改良新型(広州モーターショー2019)
  • ポルシェ 718 ケイマン T(広州モーターショー2019)
  • ポルシェ・パナメーラ GTS(広州モーターショー2019)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ