NISMOヘリテージパーツ、GT-R 部品再供給対象をR33/R34にも拡大

R33スカイラインGT-R
R33スカイラインGT-R全 6 枚写真をすべて見る

日産自動車とニスモ、オーテックジャパンの3社は、R32型日産『スカイラインGT-R』用廃番部品を再生産している「NISMOヘリテージパーツ」について、対象車種をR33型、R34型にも拡大し、11月29日より販売を開始した。

NISMOヘリテージパーツは、3社がサプライヤーと共同で製造廃止になった純正補修部品を再供給するもの。日産ユーザーがパフォーマンスカーを少しでも長く乗り続けられるよう、可能な範囲でサポートする「NISMOヘリテージ」活動の一環として行っている。

2017年12月に本活動の第1弾として、R32型スカイラインGT-R用「NISMOヘリテージパーツ」の販売を開始。ユーザーから大きな反響と拡大の要望があったことを受け、第2弾としてR33型およびR34型スカイラインGT-Rまで拡大し、まずは外装部品、ホース/チューブなどの部品から販売を開始する。

また、R32型向けには、これまでの走行や車検に必要不可欠な重要部品に加え、ウェザーストリップやバンパーレインフォースなどを追加。設定部品数は合わせて約160部品と倍増し、国内自動車メーカーの活動としては最大規模となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 スカイライン 400R(スレートグレー)
  • 新型スカイラインと高度運転支援ECU(写真左下)/高精度地図ユニット(右下)
  • car audio newcomer! 日産 スカイライン(オーナー:横山丈瑠さん) by LEROY(ルロワ) 後編
  • car audio newcomer! 日産 スカイライン(オーナー:横山丈瑠さん) by LEROY(ルロワ) 前編
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV