ホンダ VFR800F、懐かしのインターセプターカラーを設定

ホンダ VFR800F(パールグレアホワイト)
ホンダ VFR800F(パールグレアホワイト)全 4 枚写真をすべて見る

ホンダは、V4エンジン搭載の大型ツアラーモデル『VFR800F』および大型クロスオーバーモデル『VFR800X』のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備し、12月14日より順次発売する。

今回、VFR800Fには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージを高めた。そのほか、ヴィクトリーレッドを継続設定する。VFR800Xは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定とした。

また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップした。

価格はVFR800Fのヴィクトリーレッドが141万9120円、パールグレアホワイトが149万4720円。VFR800Xは147万3120円。なお、VFR800Fのパールグレアホワイトは2019年3月8日の発売となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 趣味のひとつとして、ビンテージオフのレースにも参戦している藤村さん。最近はボクシングも始め、その魅力を伝えたいと女性ボクサーをテーマにしたウェブサイト「GIRL'S FIST」を展開している。興味のあることにはとことんのめり込む。
  • 人気画家フランセス・スィーヒ氏のライブペインティング
  • BMW F850GSアドベンチャー
  • バイクやクルマをエレガントに楽しむ、大人のための「モーターファション」を提案するモトーリモーダ(東京都中央区銀座8-16-6-1F)
  • GG Retorofitz社が販売するキットを装着したヤマハ YZF-R25
  • イメージ (AC)
  • 原田さんが普段アシにしているのは、昨年友人から買ったカワサキのDトラッカー改。今後自分の好みにカスタムに仕上げていくそう。
  • インディアン チーフテン ダークホース

ピックアップ