ハーレーダビッドソンのレンタルバイク、1番人気は アイアン883

「ハーレーダビッドソン認定レンタルバイク」を通じ2018年に最もレンタルされたアイアン883(写真は2019年モデル)
「ハーレーダビッドソン認定レンタルバイク」を通じ2018年に最もレンタルされたアイアン883(写真は2019年モデル)全 1 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソン ジャパンは、2018年1月に開始した公式レンタルサービス「ハーレーダビッドソン認定レンタルバイク」の導入から近く1年となるのを前に利用実態をまとめた。

訪日旅行客が増加していることもあってレンタルサービス利用者の約20%が外国人だったほか、日本人利用者の大半が現在ハーレーダビッドソンのモーターサイクルを所有していない非オーナーだった。

都道府県別では、1位が東京都、2位が愛知県と、都市部が多いのに加え、国内外の観光客の利用が多い沖縄県が3位だった。4位は千葉県、5位が埼玉県だった。

車種別では最もレンタルされたのが『アイアン883』で、2位が『ストリートグライド』、3位が『フォーティーエイト』だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ e-tron スクーター(フランクフルトモーターショー2019)
  • カワサキ Ninja H2 SX SE+
  • 二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」
  • 石川県から来たという池下さんご家族は新型R1250を試す
  • BMW R nineT /5
  • イメージ
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 「二輪デザイン公開講座」に31名の学生が参加。バイク・デザインの基礎を学んだ。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/04/316835.html/article/2018/12/04/316834.html/article/2018/12/04/316836.html