VR-CARで“巡る”観光体験イベント、セントレアでデンソー×刈谷市が開催 12月4・5日

VR-CAR
VR-CAR全 4 枚写真をすべて見る

刈谷市および刈谷市観光協会は12月4日・5日の2日間、同市の観光VR映像をデンソーが開発した「VR-CAR」で体験できるイベントを中部国際空港(セントレア)旅客ターミナルビル 4階イベントプラザで開催している。

今回のイベントは、刈谷市観光協会が設立20周年記念事業で制作したVR映像を、デンソーのVR-CARで来場者に体感してもらい、観光促進につなげようというものだ。

VR-CARは超小型EV『コムス』をベースに、自動車とVRを融合する新技術「Vehicle VR Actuation Technology」を搭載。観光地を巡る動画が流れるVRゴーグルを装着し、車両が動画に合わせて前後することで、VRをよりリアルに体験できる。また、振動を車体に加えたり、空調でリアリティを出したりすることで従来の観光PR映像では感じることができなかった臨場感あふれるバーチャル観光体験を提供する。

刈谷市とデンソーは2018年3月、VR-CARの観光PRへの活用などを盛り込んだ「まちづくりに関する包括連携協定」を締結。今後もデンソーの最先端技術を活用し、刈谷市への観光誘致を促進する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンソー
  • デンソー
  • eAxleを中心とした『アイシンEV System 』
  • 新型踏切障害物検知装置 ZD-LS200RX
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ