ホンダ、スタートアップとの新たな協業を発表へ…CES 2019 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、スタートアップとの新たな協業を発表へ…CES 2019

ホンダの「エクセラレーター」の公式サイト
ホンダの「エクセラレーター」の公式サイト全 1 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)の米国部門は12月5日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES2019において、スタートアップ企業2社との新たな協業を発表することを明らかにした。

この協業は、ホンダの「エクセラレーター」(Xcelerator)が行うもの。エクセラレーターは2015年から、ホンダとの協業の場やアドバイスの提供、試作のための資金の一部援助などを行うことで、スタートアップを支援してきた。このスタートアップとの協業を通じ、顧客体験のさらなる向上をもたらすモビリティ関連商品やサービスを開発している。

エクセラレーターの最近の成果が、自動運転車やコネクテッドカーの技術を開発しているDeepMap社、Tactual Labs社、WayRay社といったスタートアップとの協業だ。これら3社は、エクセラレーターとCES2018で協業を開始して以来、追加の資金調達や他の自動車関連企業との協業に成功している。

また、最近公表された音声認識や対話技術領域のリーダーのSoundHound社との戦略的提携も、エクセラレーターが行っている活動の大きな成果の一つだ。この戦略的提携が、音声AIアシスタントの開発をさらに加速させる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ