ヘルメットに着脱できるヘッドアップディスプレイ JDIが開発、2019年度中の販売めざす

ヘッドアップディスプレイ搭載外付けユニット「XHD-02 KAIKEN」(コンセプト)
ヘッドアップディスプレイ搭載外付けユニット「XHD-02 KAIKEN」(コンセプト)全 2 枚写真をすべて見る

ジャパンディスプレイ(JDI)は4日、ヘルメットに着脱可能な小型のヘッドアップディスプレイ搭載外付けユニット「XHD-02 KAIKEN」を開発すると発表した。2019年度中の販売をめざす。

2018年8月1日に発表したヘッドアップディスプレイ搭載スマートヘルメット『スパルタ』に続くもの。オートバイや自転車ではスピードメータやナビ情報などの確認時に視線を移す必要がある。ヘルメットにヘッドアップディスプレイユニットを装着することで、走行時の視線を維持した状態で情報を確認可能となり、安全性、利便性の向上が図れる。

XHD-02 KAIKENでは、ヘルメットに着脱可能な外付け構造を採用することで、さまざまな分野でのヘルメットの利用が可能になると想定している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京モーターサイクルショー2018 ヤマハブース
  • 「airhead(エアーヘッド)」
  • 岩下食品株式会社の岩下和了社長と、ピンクのプジョージャンゴ。岩下の新生姜ミュージアムにて
  • プジョーモトシクルブース(イメージ)
  • SHINICHIRO ARAKAWA アルプスグローブ2019
  • ヤマハバイク印鑑 丸印 ドラッグスター400
  • BMW S1000RR 新型
  • プジョーモトシクルから原付免許で乗れる50ccのジャンゴが登場。写真はプジョー ジャンゴ50スポーツ

ピックアップ