自動運転には自動ドア、コンチネンタルの「インテリジェントドア」…CES 2019で発表へ

コンチネンタルの次世代自動ドアのイメージ
コンチネンタルの次世代自動ドアのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は12月5日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、「インテリジェントドア」を初公開すると発表した。

インテリジェントドアは、自動運転時代の到来を見据えた次世代の自動ドアシステムだ。ドライバーのいない完全自動運転車では、乗員がスムーズに乗り降りするために、自動でドアを開閉することが求められる。

インテリジェントドアではドアが開く際に、組み込まれたセンサーが障害物を検知する機能を備える。障害物を検知すると、インテリジェントドアは自動的にドアが開くのを停止する。ドアの開閉速度は、調整可能とした。

また、インテリジェントドアは、コンチネンタルのパッシブスタート&エントリーシステム(PASE)と連携する。乗員のスマートフォンと通信を行い、乗員が車両に乗り込むために車両に接近していることを検知すると、自動でドアを開く。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • EV、ハイブリッド車向けコンポーネント のイメージ
  • コンチネンタルのリング触媒ターボチャージャー
  • コンチネンタルタイヤのEcoContact6
  • コンチネンタルの最新の自動運転技術
  • BMW 8シリーズグランクーペ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 新型 開発車両(スクープ写真)
  • ヒュンダイ i20N スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラス Edition1 X350d 4Matic

ピックアップ