『のぞみ』台車亀裂を起こした川重製台車の交換が完了…他メーカー製も交換へ

問題となったN700系台車の側バリの箇所。
問題となったN700系台車の側バリの箇所。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は12月7日、2017年12月に博多発東京行き『のぞみ34号』で発生し、重大インシデントに認定された台車亀裂トラブルで、問題となっていた川崎重工業(川崎重工)製N700系台車の交換が完了したと発表した。

川崎重工製の台車では、台車枠を構成し、車体を支える「側バリ」と呼ばれる部分の下部の溶接部から亀裂が発生し、それが伸展した結果、台車枠が歪み、車軸にズレが生じていた。その原因は、側バリ上下の凸部のがたつきが発生しない加工を行なう際、側バリの凸部を削り、肉盛溶接により隙間を調整・固定していたことで、その際に起こった板厚の不足が問題視されていた。

そこでJR西日本では、超音波探傷による点検や目視による入念点検、東海道新幹線に設置されている台車温度検知装置を活用するなどして、安全確保に努めてきたが、板厚が薄いものについては順次、交換を進め、12月5日で完了したことを明らかにしている。

超音波探傷は川崎重工製以外の台車でも実施しており、現時点で未実施の台車が8台あるが、これらについては2019年2月末までに交換を完了させるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ