諸々の理由を鑑みて XC40 にトップ点…河村康彦【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40全 5 枚写真をすべて見る

道行く姿を思わず目で追いたくなる、という。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の河村康彦氏はXC40に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された河村氏のコメント。

☆☆☆

道行く姿を思わず目で追いたくなる、カジュアルでスポーティ、かつ個性的で斬新なスタイリング。「選ぶ楽しさ」を加速させる、豊富なカラーバリエーション。“スカンジナビアン・デザイン”をアピールしつつ、実用性にも富んだインテリア・デザインとパッケージング。どこに乗り付けてもまず持て余すことのない、日本の環境に“適正”なボディサイズ。ボルボ車史上最良と思える、良路上でのしなやかな乗り味。400万円を大きく割り込んだスターティング・プライス。そんな諸々の理由を鑑みて、今回トップ点を与えるに相応しいモデルと評価をしました。

☆☆☆

河村氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・クラウン:3点
マツダCX-8:5点
三菱エクリプスクロス:4点
ボルボXC40:10点
フォルクスワーゲン・ポロ:3点

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1ブラジルGP
  • BMW 3シリーズ
  • トヨタRAV4
  • トヨタRAV4
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ