カワサキ Ninja H2カーボン、予約受注開始 最強公道モデルを日本市場投入

カワサキ Ninja H2カーボン
カワサキ Ninja H2カーボン全 6 枚写真をすべて見る

カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載する『Ninja H2』シリーズの公道トップグレードモデル「Ninja H2カーボン」を日本市場に導入、12月10日より予約受注を開始した。

Ninja H2は、川崎重工の航空宇宙カンパニーやガスタービン・機械カンパニーなどの技術協力により開発された、998cc水冷4ストローク直列4気筒スーパーチャージドエンジンを搭載。2014年秋に正式発表され、その圧倒的な高出力と強烈な加速力で世界の注目を集めた。当初、日本国内向けにはレース仕様のH2Rのみを正規販売。2018年3月に初の公道仕様として「Ninja H2 SX」および「Ninja H2 SX SE」が投入されたが、最高出力を200psに抑えたスポーツツアラーであり、トップグレードモデルの登場が待たれていた。

Ninja H2カーボンは、カワサキのストリートモデル史上最強となる、最大出力231psを発揮するスーパーチャージドエンジンを搭載。完全自社製のスーパーチャージャーにより、どの回転域からでも強烈に加速する圧倒的なパワーを発揮する。また様々な電子制御システムや、ハイスペックなフットワークの採用、国内仕様としてETC2.0を標準装備する。

価格は356万4000円。予約受注期間は2018年12月10日から2019年1月18日までだが、予想を上回る受注が集まった際は期間途中で注文受付を終了する場合もあるとアナウンスしている。発売予定日は2019年6月1日。

またカワサキモータースジャパンは、クローズドコース専用モデルとなる『Ninja H2R』2019年モデルの予約受注も12月10日より開始した。価格は594万円。受注期間は2018年12月10日から2019年1月18日までで、出荷時期は2019年6月以降の予定。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モト・グッツィ V7 IIIストーン ナイトパック
  • みんなのツーリングマップル
  • スズキ アドレス110(マットステラブルーメタリック)
  • スズキ Vストローム250 ABS(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)
  • ボンネビル・ソルトフラッツ
  • ヤマハ YZF-R1M 2018 1/12スケールモデル
  • 八戸ノ里ドライビングスクール
  • ハーレーダビッドソン ライブワイヤー(LliveWire)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/10/317052.html/article/2018/12/10/317051.html/article/2018/12/10/317053.html