極東開発、湿塩散布車の新機種発売へ 凍結によるスリップ事故防止に貢献

湿塩散布車
湿塩散布車全 3 枚写真をすべて見る

極東開発工業は、冬季のスリップ事故を防ぐ凍結防止剤を散布する「湿塩散布車」を開発、12月18日より発売する。

湿塩散布車は、高速道路や自動車道等で降雪や寒冷による路面凍結を防ぐため、塩化ナトリウムと溶液を混合した凍結防止剤を散布。凍結に起因するスリップ事故を予防するために重要な役割を担っている。

新機種は、溶液を積載する本体側面の樹脂製タンクに同社独自の曲面タンク形状を採用。スタイリッシュな外観と、外面に水や雪が溜まりにくい実用性を兼ね備えている。塩化ナトリウムを積載するホッパ部は、電着塗装(ED塗装)により防錆性を高めているほか、天蓋はキャブ内からの電動開閉操作を可能としている。また、ストローク計内蔵シリンダのほか、凍結防止剤の散布口をステンレス製とし、耐腐食性を向上させた。

操作パネルはディスプレイを採用することで直感的な操作を実現。すっきりとした操作周りと実用性を両立させ、冬場の過酷な現場においても使いやすく、タフな作業を支援する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パワーゲート V型プレスゲート(V600)、プラットホームサイズW1570×H870
  • ゴミ収集車安全支援システム「KIES」
  • 自動吸水式 新型「スーパー散水車」
  • 極東開発 新型「土砂ダンプトレーラ (リンク式 ・ GVW36t)」
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV