シティSUVにグッドイヤーからベストな回答!Assurance WeatherReady

シティSUVにグッドイヤーからベストな回答!Assurance WeatherReady
シティSUVにグッドイヤーからベストな回答!Assurance WeatherReady全 10 枚写真をすべて見る

シティSUVに、また新たなる選択肢が登場!

冬も深まり、雪が降り始める季節が到来。ニュースで「雪が降る」という天気予報を耳にして、慌ててタイヤの販売店に駆け込み、スタッドレスタイヤの交換で行列を作る……。なんていう光景を目にすることもしばしば。

とはいえ、肝心な時に自分のクルマに合うタイヤが見つからない!なんていうケースもなきにしもあらず。冬場のタイヤ選び、みなさんはどうしているのだろうか。

降雪地帯に住んでいたり、ウィンタースポーツを楽しむためにスキー場に出向く場合は、スタッドレスタイヤに履き替えるもの。その一方で、普段はあまり雪が降らないエリアに住んでいる場合、雪が降ると分かってからスタッドレスタイヤを装着したり、降ったらクルマで出掛けない選択をする場合も。

とはいえ、スタッドレスタイヤのメリットは分かっていても、なかなか手が出ない場合もあったりする。

「雪道よりもアスファルトの上を走ることが多い」
「でも、出かけた先で雪が降ってしまったら、どうする?」
「足としてクルマを使うから、急な雪は困る」
「夏用と冬用、タイヤを2セット持つのはちょっと……」

そんなお悩みを持ち、特にシティSUVを所有されている皆さんに注目していただきたいのが、今回ご紹介するグッドイヤーのオールシーズンタイヤ「アシュアランス ウェザーレディ」。

このタイヤは最近人気の都会派SUVに向けたもので、その名の通り、乾いたアスファルト路面から雨天時の走行、冬季は雪道でも走れるという全天候型のタイヤ。

タイヤのサイドウォールに刻印されている「スノーフレークマーク」は、冬の厳しい寒冷地で十分な走行性能が得られるタイヤとして認められた証で、日本でもチェーン規制の道路が走行可能。スタッドレスタイヤの場合、雪道やシャーベット路面、凍結路を走れるタイヤとして知られているが、オールシーズンタイヤは、夏と冬で2セットのタイヤを履き替えなくても、四季を通じて履き続けていられるメリットがある。

グッドイヤーといえば、すでに「ベクター フォーシーズンズ」と呼ばれるオールシーズンタイヤで定評を得ているメーカーだが、SUVにも待望の新商品がリリースされたことは朗報と言える。

そもそもカーショップはオールシーズンタイヤをどう評価しているのか!?

今回は、オールシーズンタイヤ「ベクター フォーシーズンズ」を日本国内で最も多く販売してきた実績をもつ埼玉県和光市の「ジェームス 光が丘店」の岩井店長(以下:岩井)に、オールシーズンタイヤの魅力について伺ってみた。

岩井:最近は雪が急に降ることが多いものですし、スタッドレスタイヤは履き替えのタイミングが難しいものです。お客様にタイヤを店舗にお持ちいただいても、交換作業が混み合った場合にお断りしてしまうというのは忍びないもの。その点、年間を通して走れるオールシーズンタイヤは、交換時期を選びません。この界隈にはマンションにお住まいのお客様も多いのですが、履き替えたタイヤの置き場所に困るというお話も聞こえてくるので、そうしたお客様にはオールシーズンタイヤのメリットを感じていただけると思います。

藤島:なるほど、オールシーズンタイヤであれば夏用と冬用、2セットのタイヤを履き替えずに済むというワケですね。しかも、交換作業が混み合う時期を避けて付け替えることだってできる。ともあれ、タイヤというのは、乾いた路面、ウェット路面、そして路面温度の違いでグリップ力を確保したり、さらには快適性や、低燃費など、全ての性能を同時に叶えようとするのは難しいもの。つまり、どんな性能を求めるかで選ぶ商品が異なりますよね。

オールシーズンタイヤは、どんな性能を求める人にオススメなのか?

岩井:オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤの違いを知らなかったというお客様は沢山いらっしゃいます。私たちの店舗では、スタッフが自分のクルマにオールシーズンタイヤを履いて試していますが、お客様にどんな風にご説明したらそのキャラクターを理解してもらいやすいのかを話合いました。

そこで、辿り着いたのが、『雪道のグリップ力はスタッドレスタイヤの8割程度です』という表現に行きつきました。実際にそう説明をして、多くのお客様に購入していただきましたが、1300本ほどを販売して、不満の声が聞こえてこないことに驚いています。褒められることが少ない今のご時世においては意外です。

藤島:確かに「スタッドレス並み」というと、オールシーズンタイヤは雪道や凍結路でスタッドレスタイヤと同等のグリップ力が確保できるのではないか、と誤解されてしまいそうですね。その点、オールシーズンタイヤの立ち位置は、四季を通してアスファルトの上を快適に走れて、なおかつ、そこそこの雪道も走れる、ということですよね。

スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤ ウェット路面性能の違いとは?

岩井:オールシーズンタイヤの場合、雪道のグリップの限界はスタッドレスタイヤより低いところにあるとしても、アスファルト路面では、静かで快適に走れるメリットが得られます。また、アスファルトの上に雨が降っても、排水性に優れているので、雨のブレーキ性能はスタッドレスタイヤより優れているといえます。

藤島:普段は圧倒的にアスファルトの上を走ることが多くて、たまに雪が降った時でも移動できると嬉しい、という場合には、オールシーズンタイヤがピッタリですね。苦情が出にくい理由は、お客様はオールシーズンタイヤの守備範囲を納得して購入されているからなのでしょうね。

岩井:最近のお客様は、タイヤにそこまでのハイグリップなスポーツ性を求めない人も増えていますし、それよりも低燃費で走れること。ですから高級すぎるタイヤは倦厭される場合も多いですね。全てに対して平均点を求めるお客様が多いです。

藤島:グッドイヤーのオールシーズンタイヤは、これまで好評を得てきた「ベクター フォーシーズンズ」に加えて、今回のSUV用「アシュアランス ウェザーレディ」が登場しましたが、これまで数多くのグッドイヤーのオールシーズンタイヤを販売してきた立場として、どんなメリットを感じていらっしゃいますか?

岩井:SUVを選ぶお客様は走る、曲がる、止まるという基本性能に加えて、いつでも走れる価値を重視する傾向があります。その点では、これまで不足していたSUV用のサイズの商品が展開されたことは嬉しいことです。オールシーズンタイヤで実績のあるグッドイヤーの新製品ということで、私たちスタッフも安心して販売できます。

藤島:冬用タイヤは欲しいけれど、SUVのタイヤはサイズが大きくて高価だし…と、タイヤとホイールを含めて2セット分を揃えることを迷っているお客様でも、オールシーズンタイヤなら1セットでOKですから、一年を通じて履きこなせる点では経済的ですね。

岩井:雪が降ったらクルマに乗らないというケースもありますが、家族を駅まで送迎することは出来ませんし、スーパーへの買い出しにも行けなくなってしまいます。実際には、そうした状況に対応できたほうが断然助かるものです。オールシーズンタイヤを装着していただいた奥さまからは、初めての雪道を安心して走れたという声も聞こえてきます。お客様の中には、クルマの乗り換えを機に、またグッドイヤーのオールシーズンタイヤに履き替えるケースも見受けられます。

Assurance WeatherReadyはシティSUVに何を語った!?

岩井店長の言うように、購入された方は実際に装着してみると、そのメリットを実感できるシーンが訪れて満足感が得られるのでだろう。しかしそうは言っても、普段はアスファルトの上を走ることが圧倒的に多いもの。そこで、アシュアランス ウェザーレディを最新のSUVに装着して一般道を走る機会をいただいた。

早速、走り出してみると、スタッドレスタイヤにありがちなフワフワといった柔らかさは一切なく、アクセルペダルの踏み足しに対して、適度なグリップ力を発揮しながらクルマを前に押し出していく。イメージ通りに自然に乗りこなせるので、夏タイヤの気分で走らせていても、グリップに物足りなさを感じるところはない。

また、重心高が高いはずのSUVを安定した姿勢でゆったりとクルージングさせられるので、ストレスを感じにくい。ブレーキの効き具合もスムーズだ。さすがに、路面が荒れた箇所を通過するときは、少しゴロゴロとした感触が伝わってくるものの、路面環境の変化をドライバーに知らせているとも受け取れるレベル。SUVのキャラクターにはちょうどいいのかも知れない。

カーブや交差点を通過する時は、減速、操舵、アクセルオンという一連の操作に、タイヤの動きがリズミカルについてくる。イメージした走行ラインを丁寧にトレースしていくので、いつの間にやら、走りが楽しく思えてきて、「これがホントに雪道が走れるタイヤなの?」と、クルマを降りる頃に思い出して、違和感のなさに驚かされてしまうほどだった。

まさにシティSUVのための都会派仕様のタイヤ

岩井店長の言葉を振り返って印象的だったのは、「安心を買う」という言葉。アスファルト路面を快適にリズミカルに走れる一方で、出先で突然の雪に見舞われてしまったり、雪でも足としてクルマを使わなければならない場合でも慌てずに済む。

「グッドイヤー アシュアランス ウェザーレディ」は、乗用車感覚で乗りこなすシティSUVにとっても、いざという時に頼りになる全天候型のタイヤとして、オンロードを楽しく、雪が降っても安心できるタイヤと言えそうだ。

グッドイヤー アシュアランス ウェザーレディを詳しく知りたい方はこちら

《藤島知子》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/12/317122.html/article/2018/12/12/317121.html/article/2018/12/12/317123.html