UDトラックス クオン、障害物がないのに自動ブレーキ 改善対策実施へ

UDトラックス・クオン
UDトラックス・クオン全 2 枚写真をすべて見る

UDトラックスは12月12日、大型トラック『クオン』のトラフィックアイブレーキシステム(衝突被害軽減制動制御装置)に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2017年4月28日~2018年11月13日に製造された8493台。

ミリ波レーダによる障害物検知プログラムの機能限界により、稀に、前方に障害物がないにもかかわらずあると誤認識。表示モニタに警告表示がされるとともに警告音を発し、予期せぬ急制動がかかるおそれがある。こうした誤作動は、先行車がいない状況下で道路等の下を潜るアンダーパスを通過する時や、高速道路の出入口ゲート付近を走行した際に起きるという。

改善措置として、全車両、ミリ波レーダの障害物検知プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は6件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • UDトラックス クオン ショートキャブ車
  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ