日野 プロフィア、9万4000台を再リコール 吸気バルブ不具合でエンジン停止のおそれ

日野プロフィア(参考画像)
日野プロフィア(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

日野自動車は12月13日、大型トラック『プロフィア』の吸気バルブに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2005年12月12日~2017年3月28日に製造された9万3986台。

E13C型エンジンにて、吸気バルブ用ロッカー部の寸法が不適切なため、バルブが傾いた状態となりバルブガイド部が偏摩耗することがある。そのため、異常な打音や振動が発生し、そのまま使用を続けると、エンジンが停止するおそれがある。

改善措置として、使用者に不具合および予見事象を周知し、異常な打音や振動が発生した場合は、ロッカー部を対策品にシリンダヘッド一式を新品に交換する。また、一部車両はカーボンデポジットを低減するため、エンジン制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は134件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。この不具合については、2016年5月26日付けでリコールを届け出ているが、対策品および対象外車両で不具合が発生したため、改善措置の内容と対象範囲を見直して、再度リコールを行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所説明図
  • 改善箇所
  • 日野自動車ブース(東京オートサロン2019)
  • 日野自動車ブースイメージ
  • 日産 ジューク 次期型のプロトタイプを激写。ジュークの特徴である“顔”はどう変わるか
  • ルノー キャプチャー 次期型 PHEV スクープ写真
  • VWの新ブランド「ジェッタ」SV5 スクープ写真
  • トヨタ アクア 次期型 予想CG

ピックアップ