シボレー コルベット 次期型に「マンタレイ」…50年ぶりのネーミングの理由は

自動車 ニューモデル 新型車
シボレー コルベット C8 スクープ写真
シボレー コルベット C8 スクープ写真 全 19 枚 拡大写真
シボレーコルベット次世代型「C8」に関する最新情報を入手した。以前のレポートでは、「ZORA」の名称が伝えられていたが、新型は「マンタレイ」と呼ばれ、GMラインアップに革命を起こす計画があるという。

「マンタレイ」とは、1968年に発売された第3世代コルベット「C3」誕生前に制作されたコンセプトカーだ。「C2」のマコ・シャークをベースに制作されたモデルで、実に50年ぶりの採用となる。ただし、これが市販型に採用されるのか、コードネームなのかは不明だ。

パワートレインのラインアップも見えてきた。エントリーモデルには、5.2リットルV型8気筒「LT1」アップグレード版を搭載し、最高出力は500psを発揮する。その上には『グランドツアー』を設定。最高出力600psを発揮するキャディラック最新の4.2リットルV型8 気筒ツインターボエンジンを搭載する。そして頂点には、『グランドスポーツ』をラインアップする。5.5リットルV型8気筒「ビーストリー・ツインターボ」エンジンを搭載し、最高出力は800psから850psが予想される。

ワールドプレミアは、2019年内と予想されている。

シボレーコルベット次世代型、「マンタレイ」と呼ばれる3モデルを設定!? GMラインアップに革命

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/15/317227.html/article/2018/12/15/317226.html/article/2018/12/15/317228.html