ポルシェが旧車向けセキュリティ、遠隔操作でエンジン再始動も防ぐ…欧州発売

ポルシェの旧車向けセキュリティシステム
ポルシェの旧車向けセキュリティシステム全 3 枚写真をすべて見る

ポルシェ(Porsche)は12月17日、ポルシェのクラシックモデル向けに開発した最新モデルと同様のセキュリティシステムを欧州市場で発売した。

このセキュリティシステムは、「ポルシェクラシック車両追跡システム」と命名された。車両に装着されたセンサーとGPSを利用した監視システムにより、盗難被害に遭った車両を迅速に発見する。

システムでは、車両が盗まれたことを示す警告を、オーナーとセキュリティセンターに送信する。セキュリティセンターは、GPSセンサーを使用して、盗まれた車両の現在位置や走行ルートを特定する。遠隔操作で、エンジンが再始動できないようにすることもできる。

追跡システムのインストールと関連サービス契約の完了は、ポルシェクラシックパートナーまたはポルシェセンターによってのみ行われる。ポルシェクラシック車両追跡システムは、オプションの電圧変換器を使用して、6Vの電気システムを搭載したポルシェ『356』(1948年~)でも使用できる。

ポルシェクラシック車両追跡システムは、356から『カレラGT』まで、すべてのポルシェクラシック車両に適合する。システムのインストールには、1~4時間が必要だ。初期費用はおよそ1000ユーロで、1か月20ユーロの利用料がかかる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ 911 カレラS
  • ポルシェ・タイカンの生産ライン
  • ポルシェ タイカン スクープ写真
  • テックアート GTストリートRSのティザーイメージ
  • MINI エレクトリック 市販型スクープ写真
  • ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • シボレー コルベット ZR1 カスタムカー(Strasse Wheels)

ピックアップ