ダイハツ、コペン クーペ を200台限定で発売へ 東京オートサロンにも出展予定

ダイハツ・コペンクーペ
ダイハツ・コペンクーペ全 2 枚写真をすべて見る

ダイハツは、軽スポーツカー『コペンクーペ』を「東京オートサロン2019」に市販予定車として出展するとともに、イベント初日の2019年1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始する。200台限定。

コペンクーペは、東京オートサロン2016に出展したコンセプトカーを商品化したもの。出展後、ユーザーから多くの好評を得たことから、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、開発を進めてきた。

限定車は「コペンセロ」をベースに、軽量で丈夫なCFRP製ハードルーフを装着。ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となった流麗なエクステリアを創り出している。開閉式のガラスハッチからは荷物の出し入れが可能。MOMO製革巻ステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付)やBBS製鍛造アルミホイールを標準装備するほか、世界初となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントガラス)「eXeview」を採用する。また、HKS社とのコラボレーションによるスポーツマフラー、サスペンションキットをディーラーオプションとして新設する。

ボディカラーはブリティッシュグリーンマイカとパールホワイトIIIの2色を設定。それぞれCVTとMTが選択可能。MTモデルはコーナリング時の安定性を高めるフロントスーパーLSDを標準装備する。価格はCVTが248万4000円、MTが250万5600円(パールホワイトは2万1600円高)。

商談希望者の募集は2019年1月11日14時から2月11日18時まで、特設ウェブ応募ページにて受付。200台を上回る応募があった場合は、抽選となる。当選者は2月下旬以降に販売会社にて商談・注文(予定)。生産、納車は2019年4月以降を予定している。

ダイハツでは、コペンクーペに加え、新たなテイストを提案する「コペンセロ スポーツプレミアムバージョン」を東京オートサロン2019に出展。来年度、現行モデル発売5周年を迎えるコペンをさらに盛り上げていく。

ダイハツ コペンに関するニュースまとめ一覧東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コペン GR SPORTのフロントビュー(オープン)
  • 軽のABC+C
  • ダイハツ コペン GRスポーツ
  • GRスープラ/GRパーツ by TRD
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ