ホンダ、オフ専用車に CRF110F を追加へ CRF125Fも全面刷新

ホンダ CRF110F エクストリームレッド(写真は海外仕様車)
ホンダ CRF110F エクストリームレッド(写真は海外仕様車)全 4 枚写真をすべて見る

ホンダは、オフロード走行専用車のラインアップに、『CRF110F』を追加するとともに、『CRF125F』を全面刷新、CRF110Fは100台限定、CRF125Fは170台限定で2019年2月1日に発売する。

オフロード走行専用車CRF50F/CRF125Fは、力強く扱いやすい特性のエンジンやコンパクトで取り回しやすい車体サイズなど、排気量に応じたラインアップで、初心者をはじめ、ベテランライダーもオフロード走行を楽しめるモデルとして好評を得ている。

CRF110Fは、CRF50Fからステップアップを目指すユーザーのために、ラインアップに追加した新モデル。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用した、力強く扱いやすい出力特性の空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを、取り回しやすいサイズの車体に搭載。操作が容易な自動遠心式クラッチとの組み合わせで、気軽にオフロード走行を楽しめる。また、エンジンの始動方式はキック式に加えセルフスターターを併設する。

CRF125Fは、より扱いやすい出力特性とするため、PGM-FIを新たに採用。新設計ダイヤモンド形式ツインパイプフレームとストローク量を増やしたフロントサスペンションを採用することで、オフロードでの扱いやすさと走破性を向上させた。

カラーリングは、両車種ともにモトクロスマシン「CRF450R」のイメージを踏襲するエクストリームレッドとしている。

価格はCRF110Fが27万円、CRF125Fが34万0200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/21/317419.html/article/2018/12/21/317418.html/article/2018/12/21/317420.html