三菱ケミカル、電動車需要に対応---リチウム電池電解液の生産を5割増強へ

三菱ケミカルの公式サイト
三菱ケミカルの公式サイト全 1 枚写真をすべて見る

三菱ケミカルは12月26日、四日市事業所のリチウムイオン二次電池電解液の生産能力を、現在の年間1万1000トンから1万6000トンへ、およそ5割増強すると発表した。

今回の生産能力増強の決定は、国内外においてEVやプラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車の市場が急速に拡大していることを受けたもの。日本国内では、すでに乗用車の総販売台数の約25%が電動化されており、今後も着実に電動化が進むことが見込まれている。

三菱ケミカルのリチウムイオン電池向け電解液は、低温環境下でも高い出力性を備えている。また、添加剤の技術によって電極での副反応を抑えることにより、耐久性や安全性を高めており、日本や米国、欧州を中心とする市場の電動車の車載向け電池として、採用されている。

三菱ケミカルは四日市事業所に投資を行い、製造ラインのデボトルネッキングや製品出荷・輸送の効率化、製品検査工程におけるデジタル化などを行う。これにより、リチウムイオン二次電池電解液の生産能力を、年間5000トン増強する。また、これらの投資により、安全・品質管理レベルのさらなる向上を図る、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
  • キッチンカー「MIZUgo」
  • NEDOの「全固体電池」プロジェクトに参画するメンバー
  • 三菱ケミカル バイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO」
  • メルセデスベンツ EQS プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ