ルマン24時間レース優勝マシン、2&4の初共演決定…モースポフェス2019

ル・マン24時間レース優勝マシン初共演
ル・マン24時間レース優勝マシン初共演全 3 枚写真をすべて見る

2019年3月2日・3日の2日間、鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、ルマン24時間レース優勝マシン「TS050 HYBRID」と「CBR1000RR(EWC耐久仕様)」の初共演が決定した。

ルマン24時間レースは、二輪、四輪ともに耐久レースの最高峰。2018年シーズン、四輪ではTOYOTA GAZOO RacingがTS050 HYBRIDで、二輪ではF.C.C. TSR Honda FranceがCBR1000RRで優勝を飾った。2018年にル・マン24時間を制したマシンの共演は初となり、またTS050 HYBRIDは鈴鹿サーキットでの走行も初めてとなる。

鈴鹿初走行となるTS050 HYBRIDは、WEC(FIA世界耐久選手権)に参戦する耐久マシン。2018-2019年シーズンはルマン24時間レースで初優勝を飾り、ドライバーズタイトルとマニュファクチャラーズタイトルの獲得が期待される。

CBR1000RRは、EWC(FIM世界耐久選手権)に参戦し、2017-2018年シーズンにはル・マン24時間レース優勝、"コカ・コーラ"鈴鹿8耐で日本チームとして初めてシリーズチャンピオンを獲得。2018-2019年シーズンの開幕戦でも勝利し、2連覇が期待される。

TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDTOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID

走行日時、場所、ドライバー・ライダーの詳細は決定次第、発表される。

鈴鹿サーキットでは例年、3月上旬にファン感謝デーを開催してきたが、トヨタとホンダが「メーカーの垣根を越えて」、モビリティランドとともにモースポフェスを初開催。さまざまなモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでもらえるイベントとして実施する。同イベントでは、すでにTOYOTA GAZOO RacingのWRC(世界ラリー選手権)マシン「ヤリスWRC」、ホンダエンジンを搭載したインディ500優勝マシン「」「ダラーラ DW12」の走行が決定している。

F.C.C. TSR Honda France CBR1000RRF.C.C. TSR Honda France CBR1000RR

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  4. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  5. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  6. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  7. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  8. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  9. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  10. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
ランキングをもっと見る