ルマン24時間レース優勝マシン、2&4の初共演決定…モースポフェス2019

ル・マン24時間レース優勝マシン初共演
ル・マン24時間レース優勝マシン初共演全 3 枚写真をすべて見る

2019年3月2日・3日の2日間、鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、ルマン24時間レース優勝マシン「TS050 HYBRID」と「CBR1000RR(EWC耐久仕様)」の初共演が決定した。

ルマン24時間レースは、二輪、四輪ともに耐久レースの最高峰。2018年シーズン、四輪ではTOYOTA GAZOO RacingがTS050 HYBRIDで、二輪ではF.C.C. TSR Honda FranceがCBR1000RRで優勝を飾った。2018年にル・マン24時間を制したマシンの共演は初となり、またTS050 HYBRIDは鈴鹿サーキットでの走行も初めてとなる。

鈴鹿初走行となるTS050 HYBRIDは、WEC(FIA世界耐久選手権)に参戦する耐久マシン。2018-2019年シーズンはルマン24時間レースで初優勝を飾り、ドライバーズタイトルとマニュファクチャラーズタイトルの獲得が期待される。

CBR1000RRは、EWC(FIM世界耐久選手権)に参戦し、2017-2018年シーズンにはル・マン24時間レース優勝、"コカ・コーラ"鈴鹿8耐で日本チームとして初めてシリーズチャンピオンを獲得。2018-2019年シーズンの開幕戦でも勝利し、2連覇が期待される。

走行日時、場所、ドライバー・ライダーの詳細は決定次第、発表される。

鈴鹿サーキットでは例年、3月上旬にファン感謝デーを開催してきたが、トヨタとホンダが「メーカーの垣根を越えて」、モビリティランドとともにモースポフェスを初開催。さまざまなモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでもらえるイベントとして実施する。同イベントでは、すでにTOYOTA GAZOO RacingのWRC(世界ラリー選手権)マシン「ヤリスWRC」、ホンダエンジンを搭載したインディ500優勝マシン「」「ダラーラ DW12」の走行が決定している。

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 鈴鹿8時間耐久レースにワークスで復帰するカワサキ
  • 2019年オーストラリアGP、スペインGPでの様子
  • 鈴鹿8耐、2018年スタート
  • Bubbly Groooovy Sound Showerイメージビジュアル
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真
  • BMW M3 ツーリング 予想CG スクープ
  • ブガッティ ディーボ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/27/317563.html/article/2018/12/27/317562.html/article/2018/12/27/317564.html