VWが移動式の急速充電ステーション、最大15台のEVを17分で同時充電

VWの移動式急速充電ステーションのイメージ
VWの移動式急速充電ステーションのイメージ全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は、移動式の急速充電ステーションを開発し、2019年前半にドイツ国内に設置すると発表した。

フォルクスワーゲンが開発した移動式の急速充電ステーションは、100kWの急速充電が可能だ。蓄電容量は最大360kWh分に対応しており、これにより、フォルクスワーゲンが2019年に市販予定の新世代EV、『ID.』を含む最大15台のEVを同時に充電できる。最新の急速充電技術のおかげで、充電時間は平均17分で済むという。

移動式の急速充電ステーションは、例えば公共駐車場、企業の敷地内、大規模なイベントなどにおいて、一時的な充電ポイントとして、必要に応じて柔軟に設置することができる。設置場所は、インターネットやスマートフォンのアプリで、簡単に見つけることができる。

最初の移動式の急速充電ステーションは、パイロットプロジェクトの一環として、ドイツ国内に2019年前半に設置される予定だ。フォルクスワーゲンは2020年以降、移動式の急速充電ステーションを他の都市やコミュニティに拡大していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWグループのポルシェがスマホで車両のラベルをスキャンして生産性を向上
  • フォルクスワーゲン・ティグアン 改良新型のPHV「eハイブリッド」
  • VW シャラン ハイライン
  • フォルクスワーゲン・ティグアンR
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ