2018年の交通事故死者数3532人---統計開始以来最低を更新、高齢者割合は増加

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

警察庁が1月4日に発表した2018年の交通事故死者数は前年比162人マイナスの3532人となり、1948年以降の統計で過去最少となった。

交通事故死者数は減少が続いており、2017年は統計開始以来、過去最少となったが、2018年はさらに下回った。

人口10万人当たりの交通事故死者数も前年より0.12人減の2.79人と過去最少だった。

65歳以上の高齢者の交通事故死者数は前年比54人減の1966人で、全体に占める割合は前年より1.0ポイントアップの55.7%となった。

都道府県別でワースト1位は愛知県の189人、ワースト2位が千葉県の186人、ワースト3位が埼玉県の175人だった。人口10万人当たりのワースト1位は福井県の5.26人だった。

2018年の交通事故件数は前年より4万1820件減の43万0345件だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動車安全運転シンポジウム2019開催ポスター
  • (イメージ)
  • 過去の秋の全国交通安全運動出発式 クラシックカーパレード 埼玉アリオ鷲宮(参考画像)
  • 自動車同乗中(6歳未満の幼児)のチャイルドシート使用有無別致死率比較
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/07/317699.html/article/2019/01/07/317698.html/article/2019/01/07/317700.html