ルノー、ゴーン会長兼CEOを含む全役員の報酬を調査…不正なしと結論

ルノーグループのカルロス・ゴーン会長兼CEO
ルノーグループのカルロス・ゴーン会長兼CEO全 2 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は1月10日、カルロス・ゴーン会長兼CEOを含めた全役員の報酬を調査した結果、不正はなかった、と発表した。

今回の発表は、カルロス・ゴーン会長兼CEOの報酬に関する不正疑惑を受けて、ルノーグループが社内調査を進めてきたもの。ゴーン会長兼CEOを含めた全役員の2017~2018年の報酬を調査している。

その結果、ルノーグループは、全役員の報酬に不正はなかったと発表した。ルノーグループは、「法令に準拠しており、いかなる不正もないと結論づけられた」とした。

なお、ルノーグループは今後、2017~2018年以外の過去の報酬についても調査を行う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・カングーとそのルーツ
  • ルノー・トゥインゴ Z.E.
  • カングーでひと足先に初夏の箱根をドライブしてみた...伊藤梓
  • 業績が悪化しているルノー。写真はトゥインゴ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ