ルノー、ゴーン会長兼CEOを含む全役員の報酬を調査…不正なしと結論

ルノーグループのカルロス・ゴーン会長兼CEO
ルノーグループのカルロス・ゴーン会長兼CEO全 2 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は1月10日、カルロス・ゴーン会長兼CEOを含めた全役員の報酬を調査した結果、不正はなかった、と発表した。

今回の発表は、カルロス・ゴーン会長兼CEOの報酬に関する不正疑惑を受けて、ルノーグループが社内調査を進めてきたもの。ゴーン会長兼CEOを含めた全役員の2017~2018年の報酬を調査している。

その結果、ルノーグループは、全役員の報酬に不正はなかったと発表した。ルノーグループは、「法令に準拠しており、いかなる不正もないと結論づけられた」とした。

なお、ルノーグループは今後、2017~2018年以外の過去の報酬についても調査を行う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノーのEV、ゾエによるV2Gの実証実験
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー キャプチャー 次期型 PHEV スクープ写真
  • ルノー クリオ 新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ