GM、米国の3大EV充電ネットワークと提携…スマホアプリで利用可能なシステムも構築へ

EVgoで充電を行うGMのEV、シボレー・ボルト
EVgoで充電を行うGMのEV、シボレー・ボルト全 1 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は1月9日、米国の3大EV充電ネットワークと提携を結び、全米の3万1000を超える充電ステーションをGMの顧客が利用できるようにすると発表した。

GMは、「無事故、ゼロエミッション、混雑ゼロの世界を作り上げる」というビジョンを掲げており、2023年までにEVを20車種投入することを目指している。

今回の提携は、GMのビジョンを実現し、EVの普及を図る戦略の一環になるものだ。GMはEVgo、ChargePoint、Greenlotsの米国の3大EV充電ネットワークと提携を結んだ。これにより、全米の3万1000以上の充電ステーションを、GMの顧客が利用できるようにする。

またGMは、充電ステーションを利用しやすくするために、会員証の代わりにスマートフォンにダウンロードしたアプリを使用して、充電料金を支払えるシステムを構築する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダとGMの燃料電池合弁会社が入るGMの米ミシガン州のバッテリーパック生産工場
  • 車内を除菌・抗菌して清潔な状態に保つ新アフターサービス「パーマセーフ」を開始
  • GMの米国テネシー州スプリングヒル工場
  • GMとLG Chemの合弁会社、ウルティウム・セル社のバッテリー工場の完成予想図
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ