鍛造ホイールの製作過程を公開、BBS…東京オートサロン2019

BBSブース(東京オートサロン2019)
BBSブース(東京オートサロン2019)全 12 枚写真をすべて見る

11日に開幕した東京オートサロン(千葉市・幕張メッセ)。カスタマイズカーのイベントなだけに、アフターパーツメーカーの出展も多く、ホイールメーカーのBBSジャパンもブースを構えている。

BBSブースで注目したいのは、ホイールが完成するまでの途中の段階を展示したコーナー。BBSは世界でも指折りの鍛造ホイールメーカーに数えられるが、その過程の段階を見られるのは滅多にないこと。ファンはもちろん、ホイールに興味を持つユーザーなら興味津々の展示だ。

ブースにはモータースポーツ用から市販品、OEM品まで様々なホイールが展示されているが、注目してほしいのは「FR-D」と「RE-V7」。FR-Dはすでにラインアップされているモデルであるが、展示品は部分的にバフ仕上げをした市販予定品。線の細いスポークに加えてブラックとシルバーのツートーンの輝きが美しい。そしてRE-V7は、レーシングホイールから着想を得たデザインを採用。スポーティさと造形の美しさを兼備するプレミアムホイールとなっている(こちらも市販予定品)。

またブース内には日産『GT-R』も展示されている。装着ホイールは、BBSの「RI-A」とニスモがコラボレーションした「RI-A Engineered by NISMO」。昨年100台限定で発売されたもので(現在は完売)、GT-Rの足元を力強く引き締めている。ちなにみRI-A自体はTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceでも装着しているチームがある。そのうちの1チームである神奈川トヨタDTEC TEAM MASTERONEの近藤翼選手は、2017 年のシリーズチャンピオン(2018年は2位)。強豪チームを文字通り足元で支える新のスポーツホイールだ。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《阿部哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ