テイン、直径70mmの極太サイズのオイルダンパーが日本デビュー…東京オートサロン2019

テインブース(東京オートサロン2019)
テインブース(東京オートサロン2019)全 9 枚写真をすべて見る

ワインディングからサーキットまで、あらゆるシチュエーション用のサスペンションシステムを開発、発売しているテイン。今回のオートサロンでも多くの来客がテインブースでその製品に見入っていた。

なかでも注目を浴びていたのがフロント用が直径60mm、リヤ用が直径70mmという超極太サイズのオイルダンパー。エアダンパーならもっと太いダンパーも数多く存在するが、これほどの極太サイズのオイルダンパーはなかなかお目にかかることはできない。写真のモデルはLC200ランドクルーザー用でそのほかにもハイラックス用も同様のサイズで製造されている。装着によって40mmと大幅なリフトアップが可能となり、悪路走破性を向上する。日本に先駆け東南アジアや中国では販売開始の予定がたち、日本での販売も予定することとなった。というのも、日本ではなかなかLサイズのピックアップやSUV用パーツの需要がなかったが、ここにきてそうしたパーツの盛り上がりが広がっていることへの対応にある。

また、テインの技術を存分に感じることができる展示も人気。なかでもハイドロバンプストッパーの効果をデモンストレーションするために開発された機械(設計から製造まで自社製)は、なかなか面白いものだった。100kgのウエイトの上にはワインがつがれたワイングラスが置かれている。これを50cm程度引き上げて自然落下させ、下に配置されたハイドバンプストッパー付きのダンパーで受け止めるというもの。グラスが倒れたり、ワインがこぼれたりしないのはもちろん、氷面の波立ちもわずかであることにビックリさせられる。またテインのショックアブソーバーの耐久性を増すことに貢献している車高調整ネジのZTコートも手で触って確認が可能になっているなど、テイン製品のすべてを知ることができる展示となっていた。

物販コーナーでは各種のアクセサリーに加えて、エアコン吹き出し口取り付けタイプのスマホホルダーなども展示。テインの底深い開発力の高さを感じる展示となっていた。

《諸星陽一》

この記事の写真

/

ピックアップ