ヤマハ ビーノ、2019年モデル発売へ 新色3カラーを追加

ヤマハ・ビーノ(2019年モデル)
ヤマハ・ビーノ(2019年モデル)全 12 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、レトロポップなスタイルの原付1種スクーター『ビーノ』のカラーリング設定とグラフィックを変更し、2019年カラーとして2月1日より発売する。

ビーノは、レトロポップでカワイイスタイルが支持され、初代から20年以上の歴史を持つロングセラーモデル。同モデルは2018年より協業を行うホンダが製造を行っている。

2019年モデルでは、ポップで元気な「パールシャイニングイエロー」、ナチュラルでやわらかな「プコブルー」、さわやかでアクティブな「アーベインデニムブルーメタリック」の3色を新色として追加。継続色も含めて全6色展開となる。なお、アイドリングストップシステムやコンビブレーキ、アクセサリーソケット内蔵グローブボックスなどの機能・装備は、現行モデルから継続する。

価格は19万9800円。

ヤマハ・ビーノ(2019年モデル)ヤマハ・ビーノ(2019年モデル)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  4. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  5. 【スズキ 新型「Hayabusa」徹底試乗インプレッション】真の“究極”を求め大人のスポーツバイクへと華麗に進化PR
  6. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
  7. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  8. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  9. ジープ初のグレイカラールーフ、限定発売へ…コンパス「Sモデル」
  10. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
ランキングをもっと見る