ヤマハ ビーノ、2019年モデル発売へ 新色3カラーを追加

ヤマハ・ビーノ(2019年モデル)
ヤマハ・ビーノ(2019年モデル)全 12 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、レトロポップなスタイルの原付1種スクーター『ビーノ』のカラーリング設定とグラフィックを変更し、2019年カラーとして2月1日より発売する。

ビーノは、レトロポップでカワイイスタイルが支持され、初代から20年以上の歴史を持つロングセラーモデル。同モデルは2018年より協業を行うホンダが製造を行っている。

2019年モデルでは、ポップで元気な「パールシャイニングイエロー」、ナチュラルでやわらかな「プコブルー」、さわやかでアクティブな「アーベインデニムブルーメタリック」の3色を新色として追加。継続色も含めて全6色展開となる。なお、アイドリングストップシステムやコンビブレーキ、アクセサリーソケット内蔵グローブボックスなどの機能・装備は、現行モデルから継続する。

価格は19万9800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/15/318048.html/article/2019/01/15/318047.html/article/2019/01/15/318049.html