BMWモトラッド、初のミドルスクーター C400X/GT 発売へ[詳細写真]

BMW C400GT
BMW C400GT全 82 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWモトラッド初のミドルサイズスクーター『C400X』を1月26日、『C400GT』を2月8日より発売する。

BMWモトラッドでは、2012年より『C600スポーツ』『C650GT』『Cエボリューション』といった、快適性や実用性に優れたプレミアムマキシスクーターを販売しているが、より取り回しが容易で中排気量域の都市型二輪車として、ミドルサイズスクーターをラインアップに加えた。

ミドルサイズスクーター第1弾となるC400Xは、細い路地を抜け、目的地まで素早く移動するためだけではなく、アーバンモビリティを積極的に楽しめるように開発。C400GTは、ミドルサイズスクーターのグランツーリスモバージョンとして、ライダーおよび同乗者への走行快適性を主眼に開発した。

パワートレーンは、最高出力34psを発揮する新開発の350cc単気筒エンジンとCVTの組み合わせ、頑丈なスチール製チューブラーフレームに搭載。スイングアームベアリングを備えた、ねじれ剛性の高いスイングアームを装備することで、快適性を高めている。

BMW C400XBMW C400X

また、オートマチックスタビリティコントロール(ASC)により、滑りやすい路面でも、加速時の安定性を確保。足回りはフロントにテレスコピックフォーク式サスペンション、リヤに2本のスプリングストラット式ダンパーを。さらに、フロントにダブル、リヤにはシングルのディスクブレーキを装備するとともに、ABSを標準装備とし、スポーティな走りと安全性を確保している。

デザイン面では、C400Xは、GSモデルを彷彿させる左右非対称の大型LEDヘッドライトを装備するとともに、印象的なシグネチャーライトを採用。C400GTは、エアロデザインのライトガイドエレメントを使った独特な形状のLEDシグネチャーライトを備えたツインLEDヘッドライトを装備し、上質かつ機能的で躍動感のあるスタイリングとなっている。またフロントカバーは一体式シングルシートとなっており、その下にフレックスケースを備えた2つのコンパートメントを内蔵するなど、デザイン性を担保しながら高い実用性・収納性を実現している。

BMW C400XBMW C400X

そのほか、両モデルともETC 2.0を標準装備する。

価格はC400Xが85万1000円、C400GTが91万2000円。

BMW C400XBMW C400X

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  10. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
ランキングをもっと見る