BMWモトラッド、初のミドルスクーター C400X/GT 発売へ[詳細写真]

BMW C400GT
BMW C400GT全 82 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWモトラッド初のミドルサイズスクーター『C400X』を1月26日、『C400GT』を2月8日より発売する。

BMWモトラッドでは、2012年より『C600スポーツ』『C650GT』『Cエボリューション』といった、快適性や実用性に優れたプレミアムマキシスクーターを販売しているが、より取り回しが容易で中排気量域の都市型二輪車として、ミドルサイズスクーターをラインアップに加えた。

ミドルサイズスクーター第1弾となるC400Xは、細い路地を抜け、目的地まで素早く移動するためだけではなく、アーバンモビリティを積極的に楽しめるように開発。C400GTは、ミドルサイズスクーターのグランツーリスモバージョンとして、ライダーおよび同乗者への走行快適性を主眼に開発した。

パワートレーンは、最高出力34psを発揮する新開発の350cc単気筒エンジンとCVTの組み合わせ、頑丈なスチール製チューブラーフレームに搭載。スイングアームベアリングを備えた、ねじれ剛性の高いスイングアームを装備することで、快適性を高めている。

また、オートマチックスタビリティコントロール(ASC)により、滑りやすい路面でも、加速時の安定性を確保。足回りはフロントにテレスコピックフォーク式サスペンション、リヤに2本のスプリングストラット式ダンパーを。さらに、フロントにダブル、リヤにはシングルのディスクブレーキを装備するとともに、ABSを標準装備とし、スポーティな走りと安全性を確保している。

デザイン面では、C400Xは、GSモデルを彷彿させる左右非対称の大型LEDヘッドライトを装備するとともに、印象的なシグネチャーライトを採用。C400GTは、エアロデザインのライトガイドエレメントを使った独特な形状のLEDシグネチャーライトを備えたツインLEDヘッドライトを装備し、上質かつ機能的で躍動感のあるスタイリングとなっている。またフロントカバーは一体式シングルシートとなっており、その下にフレックスケースを備えた2つのコンパートメントを内蔵するなど、デザイン性を担保しながら高い実用性・収納性を実現している。

そのほか、両モデルともETC 2.0を標準装備する。

価格はC400Xが85万1000円、C400GTが91万2000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/16/318119.html/article/2019/01/16/318118.html/article/2019/01/16/318120.html