ガソリン・ディーゼルエンジンの熱効率50%以上を達成…SIPの革新的燃焼技術

正味最高熱効率50%超達成の推移
正味最高熱効率50%超達成の推移全 2 枚写真をすべて見る

慶應義塾大学の飯田訓正特任教授、京都大学の石山拓二教授、早稲田大学の大聖泰弘特任研究教授らは、乗用車用のガソリンエンジン/ディーゼルエンジンの正味最高熱効率50%を上回ることに成功した。

研究は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の革新的燃焼技術の一環で実施した。

現在市場に出ている乗用車のエンジンの熱効率は40%程度。プロジェクトは、過去40年間かけて自動車メーカーが10%ほど向上させた熱効率を、5年間の短期間でさらに10%引き上げる野心的な目標を掲げて研究開発に取り組んできた。

プロジェクトでは、ガソリンエンジンは、超希薄燃焼(スーパーリーンバーン)、ディーゼルエンジンについては高速空間燃焼の実現に成功した。両エンジンに共通する損失低減のための研究開発によって、機械摩擦損失の低減技術、ターボ過給システムの効率向上技術、熱電変換システムの効率向上技術を開発した。

正味最高熱効率50%超を達成した技術の概要正味最高熱効率50%超を達成した技術の概要

これらの技術を統合した結果、ガソリンエンジンで51.5%、ディーゼルエンジンで50.1%の正味最高熱効率を達成した。

今回の成果は、今後数十年間主流と予測されている内燃機関を搭載した自動車による環境負荷を低減し、世界のCO2排出量削減に貢献するとしている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
  5. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  6. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「小さくても高級」は日本で受け入れられるか?…諸星陽一
  7. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  8. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  9. 手作業生産、アキュラのSUV『RDX』に特別仕様…米国発売へ[写真18点]
  10. ホンダ フィット クロスター、フロントロアガーニッシュが脱落するおそれ 自主改善へ
ランキングをもっと見る